エクイティスワップ、黄金株、エリオットの波動理論、オークション銘柄...

日本のエクイティスワップはどのように取り扱われていますか?

エクイティスワップは、欧米では広く行われていましたが、
日本では、刑法の賭博罪に当たる恐れがある、
などの理由から認められていませんでした。

 

しかしながら、
1998年12月施行の証券取引法改正によって、
有価証券店頭デリバティブが前面解禁され、
日本の証券会社もエクイティスワップ取引ができるようになりました。

エクイティスワップの証券市場への影響は?

エクイティスワップは、現物株の売却や、
先物・オプションの利用によって、
低コストでヘッジできるといわれています。

 

エクイティスワップは、
証券市場を全く利用しない取引ですが、
株式投資の収益率を受けとるポジションを持った証券会社が、
そのポジションをヘッジするために証券市場を使うといった形で、
間接的には証券市場に影響を与えるといえます。

エクイティスワップとは?

エクイティスワップというのは、
株式店頭デリバティブの一種であり、
具体的には、株式投資の収益率と金利を
交換する取引のことをいいます。

 

また、このエクイティスワップは、
株価指数ベースで行われることが多いですが、
個別銘柄や複数銘柄のバスケットを対象に
行われることもあります。

 

エクイティスワップは、機関投資家が
保有株の値下がり損をヘッジしたいような場合に、

 

証券会社などを相手に、一定期間後に
株式投資からの収益※を渡す代わりに
金利を受け取る契約を結ぶのが一般的です。

 

※利益も損失もあります。

 

スポンサーリンク

エクイティスワップの欠点は?

契約期間が最低1年単位と、
取引所デリバティブよりも長いので、
状況が変わったときに融通がききにくいのが
デメリットといえます。

黄金株の日本と米国の取り扱いはどのようになっていますか?

東京証券取引所は、
条件付きで黄金株の発行を認めていますが、
上場企業で発行した例はありません。

 

一方、米国では、主な証券取引所が
上場後の黄金株発行を禁止しています。

黄金株とは?

黄金株というのは、「拒否権付き種類株式」ともいう、
敵対的買収による合併提案など、
株主総会で決議する重要事項の議案を
否決することのできる特殊な株式のことをいいます。

 

この黄金株は、1株あれば
合併を阻止することができますので、
1株だけの発行を認めている国が多いです。

 

スポンサーリンク

黄金株のメリット・デメリットは?

黄金株のメリットとしては、
経営陣が友好的な株主に割り当てておけば、
敵対的な買収議案を否決してもらえることがあげられます。

 

ただし、有効な買収防衛策とされる半面、
経営者が自己保身に使えるなど
過剰防衛になりやすいという批判も多いです。

 

なお、新会社法では、
黄金株に譲渡制限を付けることができるようにしています。

親株とは?

株式会社が増資や株式分割などで
新しく発行する株式のことを子株あるいは新株といいます。

 

これに対して、親株というのは、
「旧株」ともいい、すでに発行している株式のことをいいます。

エリオットの波動理論とは?

エリオットの波動理論というのは、株式市場は
5つの上昇波とそれに続く3つの下降波からなり、
これが反復するという理論です。

 

このエリオットの波動理論は、
株価のチャート分析に用いられる手法の1つです。

オークション銘柄とは?

オークション銘柄というのは、
ジャスダック証券取引所に上場している銘柄のうち、
マーケットメイク銘柄以外のものをいいます。

 

スポンサーリンク