優先株、優先出資証券、ユーロストックス株価指数、モルガン・スタンレー・キャピタル指数...

優先株とはどのようなものですか?

優先株というのは、普通株に比べて
配当金などを優先的に受け取れる株式のことをいいます。

 

この優先株により、企業は普通株と同様に、
資本を手厚くすることができます。

 

なお、優先株には、一定期間後に
普通の株式に転換する権利を付けることも可能です。

優先株の配当の種類は?

ちなみに、優先株は、経営再建中の企業に、
銀行が多額の資本支援をする場合に使うケースが多いです。

 

優先株の利益の配当については、
次の2つのタイプがあります。

■参加型 
⇒ 優先株主配当金以外に普通株主配当を受けられるタイプです。
■非参加型 
⇒ 優先株主配当しか受けられないタイプです。

優先出資証券とはどのようなものですか?

優先出資証券というのは、
議決権がない代わりに、普通の出資者に対して、
配当の支払いを優先する出資証券のことをいいます。

 

なお、この優先出資証券は、
証券取引法上の有価証券に指定されています。

 

スポンサーリンク

優先出資証券はいつから発行可能になったのですか?

優先出資証券は、1994年に、資本充実を目的として、
農林中央金庫など5つの協同組織金融機関に
発行が認められ、2000年には、
信用金庫や信用組合にも発行できるようになりました。

 

なお、1995年2月に農林中央金庫が発行、
次いで信金中央金庫が発行し、
これは2000年12月に東京証券取引所に上場されました。

優先出資証券にはどのようなものがありますか?

優先出資証券には、次の2つのタイプがあります。

■非参加型 
⇒ 配当額を発行時に決めてしまうタイプです。
■参加型 
⇒ 普通の出資証券の配当に、一定額の配当を上乗せするタイプです。

 

なお、普通の出資者への配当は、
業績に応じて変化しますので、参加型の配当も変化します。

ユーロストックス株価指数とはどのようなものですか?

ユーロストックス株価指数というのは、
欧州の主要株価指数のひとつです。

 

通貨統合に関連して
欧州の統一株価指数も次々と生まれています。

 

なお、ユーロストックス株価指数は、
ユーロトップ株価指数とともにこの範疇に入ります。

 

スポンサーリンク

モルガン・スタンレー・キャピタル指数とはどのようなものですか?

モルガン・スタンレー・キャピタル指数というのは、
米大手証券モルガン・スタンレーの関係会社である、
モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル
(MSCI)が算出している株価指数のことをいいます。

 

このモルガン・スタンレー・キャピタル指数は、
株価投資の指標として幅広く活用されていますが、
この指数は、地域、国、業種別などに細分化されています。

ヘラクレスとはどのようなものですか?

ヘラクレスというのは、旧名称はナスダック・ジャパンであり、
大阪証券取引所が運営している新興企業を対象とした
株式市場のことをいいます。

 

このヘラクレスは、
2000年に全米証券業協会(NASD)が
大証と業務提携してスタートしたものです。

 

その2年後に、ナスダックが日本撤退を発表したのに伴い
名称をヘラクレスに変更しました。

ランダムウォーク理論とはどのようなものですか?

ランダムウォーク理論というのは、株価の値動きの予測は
不可能であるという考え方をいいます。

 

また、公開している投資情報は
すでに株価に織り込まれているという「効率的市場仮説」
の一部でもあり、

 

最終的には株価の動きは
千鳥足(ランダムウォーク)のように不規則であるとします。

 

なお、よく使われる例として、
目隠しをしたサルが新聞の株価欄にダーツを投げ、
命中した銘柄でポートフォリオを組んでも、
専門家が選んだポートフォリオと運
用成果に大差がないというものがあります。

初値とはどのようなものですか?

初値というのは、取引所に上場した株式などが、
最初につけた値段のことをいいます。

 

スポンサーリンク