債権回収/債権担保/質権設定/債権の流動化とは?

債権回収とは?@

債権というのは、ある特定の人(債権者)が
他の特定の人(債務者)に対して、
特定の行為をするよう請求できる権利のことです。

 

債権は、返済を要求する権利のある
貸金債権のことをさす場合が多いです。

債権回収とは?A

債権回収というのは、
貸し出した債権を回収することをいいます。

 

いったん貸倒償却をした後で回収することを、
とくに償却済債権の回収といいます。

 

なお、債権回収業務を行うにあたっては、
貸金業規制法の回収規制を遵守しなければなりません。

債権担保とは?

債権担保というのは、
貸金業者や信販業者が用いる資金調達手段の1つで、
営業債権を借入金の担保にすることをいいます。

 

スポンサーリンク

債権に対する質権設定とは?

以下のような譲渡できる財産権には、
質権を設定することができます。

■債権
■株券
■有価証券
■電話加入権

 

債権に対する質権設定というのは、
このうち、債権に質権を設定することをいいます。

 

なお、銀行の定期預金に質権を設定する場合には、
通常、第三者への譲渡・質入が禁止されていますので、
事前に銀行からも質権設定の承諾書を
取っておかなければなりません。

債権の流動化とは?

債権の流動化というのは、資金の固定化を防止し、
資金を効率的に回転させることを目的として、
債権を売買することをいいます。

 

具体的には、
次のような債権の取扱い等が認められています。

■地方公共団体向け貸付債権
■抵当権付住宅貸付債権
■金利減免債権の譲渡
■一般貸付債権
■地方公共団体向け貸付債権
■信託方式による住宅ローン債権
■一般貸付債権...など

 

スポンサーリンク