動産/当座貸越/当座預金とは?

動産とは?

動産というのは、不動産※以外の資産のことをいいます。

 

※土地および土地の定着物のことです。

民法上の動産とは?

民法86条2項では、
動産について次のように規定しています。

不動産以外の有体物はすべて動産であり、土地に付着する物(定着物でない物。例えば仮植中の樹木など)や、建物の造作ないし建具もその構成部分でない物は動産とみなすとしています。

当座貸越とは?

当座貸越というのは、当座預金取引者に対して、
あらかじめ約定した一定の限度額および期間の範囲内で、
その取引先の当座預金残高を超えて振り出された
小切手等について支払いを行うことをいいます。

 

スポンサーリンク

当座預金とは?

当座預金というのは、銀行預金の一種で、
預金者が必要に応じて
自由に払出しを請求できる預金のことをいいます。

 

当座預金は、主に企業の決済用に利用されています。

企業の当座預金利用とは?

通常、企業は取引銀行と当座勘定取引契約を結び、
その契約の下で、当座預金の払出しを
取引銀行を支払人として振り出した小切手、

 

あるいは取引銀行を支払場所とした約束手形・為替手形
によって行っています。

当座預金の利用目的は?

当座預金は、貯蓄が目的ではなく、
小切手が現金と同様に
流通する便利さがあるので利用されています。

 

ちなみに、当座預金は1944年以来、
無利息とされています。

 

スポンサーリンク