月掛販売/月掛金/月掛貯金/通知預金とは?

月掛販売とは?

月掛販売というのは、毎月一定額を支払い、
所定の金額に達したところで
目的の商品を受け取る販売方法です。

割賦販売法上の月掛販売

この月掛販売は、割賦販売法では、
前払式割賦販売および前払式特定取引として
規定されています。

 

なお、この月掛販売を業として行うには、
経済産業大臣の許可が必要になります。

月掛金とは?

月掛金というのは、
前払式割賦販売や前払式特定取引において、
商品の受取りに先立って、
毎月支払う掛金のことをいいます。

 

ちなみに、
毎月支払いの保険料や月掛貯金の毎月積立金
のことを、月掛金と呼ぶこともあります。

 

スポンサーリンク

月掛貯金とは?

月掛貯金というのは、定期積金の別称です。

 

具体的には、
毎月一定額を郵便局に積み立てる形式の貯金です。

通知預金とは?

通知預金というのは、
主として大口の短期余裕資金を運用する
要求払預金のことをいいます。

 

通知預金は、銀行に預けてから
一定の据置期間※は引き出せませんが、
その後は2日の予告期間をおけば
いつでも引き出すことができます。

 

※通常は7日間です。

通知預金のメリットは?

通知預金は、引き出す前に預金者が通知をするので、
銀行では安心して運用できます。

 

なので、通知預金は、
普通預金よりも若干金利が高くなっています。

 

スポンサーリンク