超過利息返還請求/中小企業事業分野調整法とは?

超過利息返還請求とは?@

超過利息返還請求とういのは、
利息制限法上限金利と出資法上限金利の間の
金利帯で結ばれた金銭消費貸借で、

 

利息制限法を超える部分を過払いとして
返還を求めることをいいます。

超過利息返還請求とは?A

なお、超過利息返還請求は、「過払い返還請求」
ともいいます。

超過利息返還請求により返還を受けるには?

超過利息返還請求の訴訟を起こして、
利息制限法を超える金利部分を
無効とする判決が下されれば、過払いとして
返還を受けられます。

 

スポンサーリンク

超過利息返還請求訴訟を起こせば、必ず過払いは返還されるの?

超過利息返還請求は、訴訟を起こして、
利息制限法を超える金利部分を
無効とする判決が下されれば、過払いとして
返還を受けることができます。

 

しかしながら、利息制限法1条2項では、

「超過部分を任意に支払った場合にはその返還を請求することができない」

と規定されています。

 

そして、書面を貸金業規制法43条では、
「任意性」を立証することが定められています。

 

つまり、一律に過払い返還請求訴訟を起こせば
返還が受けられるというものではありませんので、
注意が必要です。

中小企業事業分野調整法とは?

中小企業事業分野調整法は、
19977年5月に成立した法律ですが、正式には

「中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律」

といいます。

中小企業事業分野調整法の目的は?

中小企業事業分野調整法の目的は、
大企業が中小企業の多い事業に進出することに
一定の歯止めをかけ、
中小企業の事業活動を保護することにあります。

 

ちなみに、信販業界と中小小売商団体では、
この法律をもとに、銀行系クレジットカード業界の
「割賦導入」に反対してきたという経緯があります。

 

スポンサーリンク